Oculus Riftの小ネタ色々


去年の夏にKickstarterで出資していたVRヘッドマウントディスプレイOculus Riftが先日届き、ここ最近はイタリアに行ったり中世に行ったり宇宙に行ったりとバーチャル旅行三昧です。没入感が凄い、というのは各所で言われている通りなので、ここでは他で書かれていない(主に所有者向けの)小ネタを書いておこうと思います。

入手

現在「Oculus Riftを日本でも発売」という記事がいくつかのニュースサイトで出ていますが、あれは別に公式の代理店というわけではなく、単なる輸入代行のようです。製造元のOculus VR社はOculus Riftを全世界に出荷できる体制を整えているので、日本の業者を通さなくとも、Oculus VR社に直接注文することでより安く入手が可能です。

Oculus Riftの接眼レンズは使用者の視力に応じて取り外し可能となっており、健常者及び遠視・軽度近視・強度近視用の3セットのレンズが付属してきます。取り外す際には埃の侵入を防ぐため開口部を下に向けるべきという指示がマニュアルにありますが、ぶっちゃけ下に向けても埃は入ります。レンズの拡大率が強烈なだけに埃は結構目立って困りますが、この場合、レンズを外した穴にエアダスターのノズルを差し込んで1,2吹きしてやると大抵埃が飛んで綺麗になります。

ACアダプタ

Oculus Rift Devkitに付属するACアダプタはDC5V、1500mA、センタープラス、プラグ外形5.5mm・内径2.1mmです。Riftの定格消費は1000mAのようですが、Hack a dayの記事曰く、実際の消費は600mA程度のようです(ただし明度・コントラストによって変動するかも)。純正アダプタを紛失した場合やスペアが必要な場合、これに当てはまるスペックのアダプタがあれば使えるはずです。秋葉原で買えるものとしては秋月電子の5V2Aアダプタ等でしょうか。勿論推奨はされていないので、何かする際は自己責任で。

追記するかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *