#StayHomeComeVirtual


ambrのtさん提唱された #StayHomeComeVirtual 質問集に乗っかってみます。mixiのバトンとか100の質問とかを思い出すな。

Q1. あなたは誰?

フリーランスでVRコンサルティング/エンジニアリングを行っている人です。以前はOculusの日本チームで働いていました。東京クロノスVARK狼と香辛料VRなど、色々な国産VRコンテンツをOculus Questにリリースするお手伝いをしたりしています。

Q2. VRとの出会いは?

本当の最初まで遡ると90年代前半に親に連れられて行ったショーで試した当時の大型VRシステムかもしれませんが、近年で言うと2013年にOculus Rift DK1のKickstarterに出資したのが最初になります。

Q3. VRの魅力は?

今まで画面越しでしかなかった映像の中に入り込み、直接そこに働きかける事ができる事だと思います。

Q4. あなたのVRデバイスの写真見せて

買いすぎ。この他にPlayStation VRなどもある。

Q5. VRでおすすめのアプリは?

(あえて関わってるものや知り合いが作っているものを除外。)

Q6. 今買うならおすすめのVRデバイスは?

Oculus Quest。なぜなら、利用できるコンテンツの幅が

  • 公式ストアのコンテンツ
  • 非公式ストアSideQuestのコンテンツ
  • Oculus Linkを経由したゲーミングPC(あれば)専用コンテンツ
  • 内蔵ブラウザでのWebXRコンテンツ

…と、最も広いからです。

Q7. 好きなVRの写真見せて

WipEout Omega Collectionより。このクルマ(?)に乗れるの最っ高…

Q8. あなたにとってVRとは?

普及する価値のあるもの。

Q9. 最後に一言!

逆説的ですが、いくらVRといえども、それを成立させている技術や人間はバーチャルでない方の現実からは逃れられません。いずれより良い現実が訪れるようVRを、そしてより良いVRのために現実を、相互に活用していきましょう。

VPSをMondo Rescueでバックアップ



さくらのVPSで自分用Mastodonインスタンスを立てるまでのYak Shavingの記録…になるはずだが、まだ途中。

改めて見たらUbuntuのバージョンが14.04で古すぎたので、まず16.04にアップグレードするところから始める。
ディストリビューションアップグレード中にぶっ壊れるのは怖いので、まずはバックアップを取る。

これを参考にMondo Rescueでバックアップを取ることにする。
ただ、/etc/apt/sources.list.d/mondorescue.sources.listを追加してsudo apt-get updateしたところ、公開鍵が見つからないようで以下の警告が出る:

W: GPG error: ftp://ftp.mondorescue.org 14.04 Release: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY 6BA8C2D220EBFB0E

検索してみたところ、Mondo Rescueメーリングリストで以下のやりとりを発見。
[Mondo-devel] [OT?] New keys for debian repository…

書かれている通り、以下の鍵を追加して解消。

gpg --recv-keys 8AB63AFD171EFF9E
gpg -a --export 8AB63AFD171EFF9E | sudo apt-key add -
gpg --recv-keys 6BA8C2D220EBFB0E
gpg -a --export 6BA8C2D220EBFB0E | sudo apt-key add -

無事Mondo Rescueがインストールできたので、早速バックアップを試みる。

sudo mkdir /backup
sudo mondoarchive -Oi -L -s 50G -d /backup -E /backup -S /tmp -T /tmp -p backup-20170417

途中で以下のエラーが出てバックアップが失敗する。

Mindi failed to create your boot+data disks.
Fatal error... Failed to generate boot+data disks
---FATALERROR--- Failed to generate boot+data disks
If you require technical support, please contact the mailing list.
See http://www.mondorescue.org for details.
The list's members can help you, if you attach that file to your e-mail.
Log file: /var/log/mondoarchive.log
Mondo has aborted.

ログファイル(/var/log/mondoarchive.log)を見たら、ディスクが足りない…?
HDD容量はまだガラガラのはずだけども。

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
(略)
/dev/vda1        96G  7.3G   84G   9% /
(略)

調べたところ、足りてないのはHDD容量ではなく、MindiのRAMディスクの容量らしい。
[Mondo-devel] no space left on device error – mindi

Mindiの設定ファイル/etc/mindi/mindi.confで大きめのサイズを指定する。何回か失敗したが結局以下のサイズで成功。

EXTRA_SPACE=320152      # increase if you run out of ramdisk space
BOOT_SIZE=80960

先ほどと同じバックアップコマンドでバックアップが始まったが、長時間かかる中でSSH接続がタイムアウトしてしまい、接続切断に巻き込まれてmondoarchiveコマンドが終了させられてしまった。
改めて、途中で切れても大丈夫なようにtmuxでセッションを作り、その中で実行する。Ctrl-B dでセッションからdetach。数時間待って再度tmux attachでセッションに入って結果を確認。今回は成功。
Transmitで手元のMacにダウンロードする。

今日はここまで。