Googleの解析とか順位とか


一年半ぶりくらいにblogを書くのを再開してから一ヶ月、トラッキングが止まってたGoogle Analyticsアクセス解析を復活させて一週間ほど。このサイトは現状特にどこかにリンクしてるわけでもないし、アバウトページとか過去作品ページとかまだ作ってないものはいっぱいあるので、とりあえずは気になった事やった事を気ままに書いていっている。でもどうやら数日前の明大のシンポジウムの記事を初音ミク関係のブログからリンクして頂いたようで、20アクセス/日くらいだったのが一時的に200アクセス/日くらいに増えていた。(こんにちは>来られた方々。)なんか一人でやってるサイトのAnalyticsの折れ線グラフは育てゲーみたいで見てて楽しいね。

Googleつながりでもうひとつ、試しに昨日読み終わって記事を書いた「最愛の君へ。」のタイトルでGoogle検索してみたら、事もあろうに6位に出ていた。なーんでー。こんな適当に書いただけの記事がそこまで上位に上がってるのは、携帯ウェブとPCウェブの間の話題の断絶がそこまで大きいって事?それとも初音ミク関係で急にアクセス増えたから釣られてPageRank上がったとか?(つってもそれくらいのアクセスのサイト沢山ありそうだし)Googleの順位の判断基準がよく分からん…。

Performancingとやらを使ってみる


Firefox内蔵型のblogエディタ、Performancingを使ってみる。ちょっと最初のblog登録でひっかかったがひとまずheistakとMorel blogの登録ができた。けど、Firefoxのテキスト編集機能って矢印キーの↑↓の挙動が変だったりして、Mac OSXネイティブのに比べると使い勝手はビミョー。

まあ、ボタン一発で書き込めるのは気軽だというのはあるので、もうしばらく使ってみる。

あとこんな時間に書き込んでるのは早起きなんじゃなくて、一晩中ドメイン設定やらサーバー引っ越しやらWiki/Blogの設定やらしてただけである。うう、ずっと起きてると寒くなってくる。